粘土が純度99.9%の銀になる!世界にひとつだけのアクセサリーを作ろう「史跡佐渡金山」

 銀粘土で作ったリング

銀粘土で作ったリング

こんにちは!
富士山に登ったことを自慢しがちな、佐渡汽船の高野です!

以前さどトリコで、「佐渡金山」の「坑道(宗太夫坑)」と「お土産ランキング」を紹介しました。
やはり「佐渡金山」の坑道見学は佐渡旅行にマストですよね!

以前紹介できなかった「粘土が銀になる体験」を、今回実際に体験してきましたのでレポートします!

 右:粘土が銀になる体験

右:粘土が銀になる体験

かつて佐渡金銀山は銀の産出量日本一でした。
有名なのは、金だけじゃないんですね~。
というわけで、ここ「佐渡金山」では金と銀にまつわる体験ができるのです。

ではさっそく、体験場所へGO!
銀粘土体験と坑道見学を両方効率よく楽しむ方法をご紹介しますね!

まず「史跡佐渡金山」に到着したら、チケット売り場ではなく、売店へ向かいます。

 佐渡金山の売店入口

佐渡金山の売店入口

体験場所は売店内にあります。

 粘土が銀になる体験、楽しみ!

粘土が銀になる体験、楽しみ!

売店の一角で、スタッフの名畑さんに教えていただきます。
「名畑さん、よろしくお願いしまーす!」

 丁寧に教えてくれる名畑さん

丁寧に教えてくれる名畑さん

まずは好きな型を選んで、作りたい作品を決めます。

 羽根やバラなどの型

羽根やバラなどの型

 イニシャルチャームの型

イニシャルチャームの型

 宝石・ハート・リング

宝石・ハート・リング


高野「名畑さん! 私はシルバーリングにします!!」
名畑さん「リングはかなり上級者向けですよ。他のものにしたほうが…」

高野「いえ、やってみせますよ!」


こうして銀粘土ビギナー・高野は優しい名畑さんの助言を振り切り、リングを作ることにしました。
本番の銀粘土を扱う前に、ねり消しで練習です。

 ねり消しで練習

ねり消しで練習

高野「なんだ、型に詰めるのか。簡単~。」

練習ができたら本番です。
本番はこちらのパックに入った粘土を使います。

 銀粘土

銀粘土

乾きやすいので個包装されていました。

銀粘土を型に詰めていきます。
※粘土はとっても柔らかいです。名畑さんの言うとおり、リングの型に粘土を詰めるのが難しく、写真を撮る余裕がありませんでした。写真は別の型に詰めている様子です。簡単なんて言って、すみません。

 銀粘土を型に入れます

銀粘土を型に入れます

詰めて型を取り形を整えたら、ホットプレートで乾燥させます。

20181120_023613225_iOS.jpg

そしてここがポイント!

乾燥するのに約30分かかるので、その間に佐渡金山の「坑道(宗太夫坑)」を見学します。賢い時間の使い方です!


坑道見学から戻ってくると、乾燥が終わっていました。
時間バッチリ!

乾燥後の作品は硬くなっていました。

 左から、リング・ハート・干支のヒツジ(後輩作)

左から、リング・ハート・干支のヒツジ(後輩作)

これをスポンジやすりでこすり、なめらかにします。

 表面をなめらかにします

表面をなめらかにします

そして約800度で約5分間、焼き上げます。

 専用の機械で焼き上げ

専用の機械で焼き上げ

焼き上がったものを専用の金物ブラシで磨きます。

 磨き専用のブラシ

磨き専用のブラシ

指に刺さるととっても痛いので注意!

磨き上げるとこんな感じです。

 銀色がでてきました

銀色がでてきました

白かった表面が、銀色に!!!
本当に粘土が銀になった!!!!!

リングもこんな感じ。(例によって夢中になり、作業工程を撮影し忘れました)

 シルバーリング

シルバーリング

さらにピカピカにするため、細い棒で細部を磨きます。

 細かいところも磨きます

細かいところも磨きます

輝きすぎて反射しています。


こうして出来上がったのがこちら。

 完成したシルバーリング

完成したシルバーリング

サイズもよく考えず作ったら、たまたま人差し指にピッタリでした。

優しい名畑さんの助言を振り切り作ったリング、最終的には上手くいきましたが、とっても難しかったです。



リングを作ってみての感想・・・

・銀粘土がやわらかく乾きやすいため、微妙な力加減で変形してしまう
・サイズ調整が難しい
・ハートの型に詰めるのは簡単
・磨くのがすごく楽しい
・集中できる
・自分へのお土産になる

こんな感じで、「佐渡金山」の歴史に触れつつ、自分へのお土産を作る体験ができます!
しかも、乾燥させている時間に坑道を見学をすれば、効率的かつ最大限に「史跡佐渡金山」を楽しむことができておすすめです!
ぜひ「史跡佐渡金山」まで来たら「粘土が銀になる体験」も楽しんでください♪


史跡佐渡金山(しせきさどきんざん)

[住所] 新潟県佐渡市下相川1305番地
[電話番号] 0259-74-2389
[営業時間] 4月~10月 / 8:00~17:30
      11月~3月 / 8:30~17:00
      *終業30分前までの受付
[体験料金] 2,000円(税込)※付属ストラップ無料、ネックレスの場合プラス500円
[坑道見学料金] 

      宗太夫坑江戸金山絵巻コース ※今回のコース
      大人900円/小人450円、予約不要、所要時間約30分
      ※他のコース詳細はこちら
[定休日]  年中無休(4月~11月限定のコースあり)
[駐車場] 有り
[ウェブサイト] http://www.sado-kinzan.com/