絶景も遊びも楽しみたい人必見! 海中透視船で尖閣湾をクルーズ

海中透視船(グラスボート)

海中透視船(グラスボート)

曇っていても「晴れた」と喜ぶ新潟県民・佐渡汽船の高野です!
雨が降らなければ「晴れ」ですよね!

なぜそんなことを大声で言うかというと・・・

目力が強いウミネコ

目力が強いウミネコ

 今回、せっかく「尖閣湾揚島遊園」に来たのですが、空がどんよりしているのです。
でも雨は降っていないし波も穏やか。

これはもう「晴れ」と言っていいでしょう!

そう言い聞かせてさっそく「尖閣湾揚島遊園」へ。

尖閣湾揚島遊園の外観

尖閣湾揚島遊園の外観

建物の中は売店と軽食コーナーがあります。
こちらで海中透視船のチケットを買います。

売店

売店

海中透視船の乗船料は大人1人1,100円(入園料含む)です。
入園のみの場合は大人1人550円です。※詳細は記事の最後に記載しています

一旦外へ出て、乗り場へ向かいます。

水族館

水族館

途中に、水族館が。
今回の目的は海中透視船なので、こちらについてはまた今度。

尖閣湾揚島遊園

尖閣湾揚島遊園

園内は結構広いです。
大きな橋もあります。

海中透視船乗り場

海中透視船乗り場

乗り場はあそこです。
曇天でも海が青いのがわかります。さすが佐渡島の海!

ちなみに晴れた日の尖閣湾はこんな感じです。まさに絶景!
インスタグラムで自慢したくなる場所です。

晴れた日の尖閣湾

晴れた日の尖閣湾

ここ「尖閣湾揚島遊園」は、

❝昭和7年に文部省天然記念物調査委員の理学博士・脇水鉄五郎氏がこの地を踏査された際、天下の絶景と賞され世界一と呼ばれている北欧ノルウエイのハルダンゲル峡湾の景観に勝るとも劣らず、正に東西両洋に対をなす海岸美として『尖閣湾』と命名されました。
昭和9年に文部省より名勝地に指定、昭和25年には国定公園に編入されました。
昭和28年に菊田一夫原作の映画 『君の名は』 のロケが当遊園内で行われ、「尖閣湾」の名は一躍全国に知られることとなりました。
昭和46年には海中公園に指定、さらに平成8年には日本渚百選に選定されています。(尖閣湾揚島遊園公式HPより引用)❞

ということで、大変美しい場所として知られているんですね。
(ちなみに『君の名は』は平成生まれの知っている『君の名は』とは別の作品です・・・)

乗り場へ着きました。

海中透視船

海中透視船

乗船時間は約15分程度です。
15分間隔で出航しているため、あまり待たずに乗船できるそうです。

では、いざ乗船~!

わくわくします

わくわくします

出航すると、ウミネコたちが追いかけてきました。

エサがもらえると思っているのかな

エサがもらえると思っているのかな

ちゃっかり無賃乗船!

真ん中のウミネコ、何かをくわえてます

真ん中のウミネコ、何かをくわえてます

船内では、尖閣湾についてのアナウンスが流れます。
船の上ということもあり、非日常体験に興奮します。
興奮してアナウンスを聞き逃しました。

では、船から海中をのぞいてみましょう。

海中が透けて見えます!

海中が透けて見えます!

青くて綺麗な海

青くて綺麗な海

青いです!!
空はどんよりしていても、海中は透き通った青!

綺麗で見惚れてしまいます。
魚が通り過ぎることもあります。

海に潜るわけではないので、お子さんも安心して海の中を楽しめると思います。
ご家族で、友人や恋人と訪れても盛り上がること間違いなしの海中透視船!

晴れた日は、園内から見渡す絶景をインスタで自慢できるかも。

ぜひ佐渡に来たら「尖閣湾揚島遊園」を訪れてみてください♪

【予告】園内の水族館は後日アップ予定!


尖閣湾揚島遊園(せんかくわんあげしまゆうえん)

[ 住 所 ] 新潟県佐渡市北狄1561
[ 電 話 ] 0259‐75-2311
[営業時間]
3月~4月  8:30~17:00
5月~10月 8:00~17:30
11月    8:30~17:00
12月~2月 8:30~16:30
[入園料のみ]
大人: 550円
小児: 280円
[入園料&海中透視船乗船料]
大人:1100円
小児: 550円
[ 定休日 ] 無
     ※但し、海中透視船は3月中旬~11月下旬の運航。
[ 駐車場 ] 有
[ WEB ] http://ageshima.eek.jp/
     ※公式HPに割引チケット有