佐渡で冬限定の味覚を堪能!大満足間違いなしの「牡蠣食べ放題ツアー」

IMG_3824.JPG

火を通した牡蠣は大好きですが、生牡蠣は苦手な小林です。

先日、佐渡の冬の味覚の一つ、加茂湖の牡蠣を味わえる「佐渡日帰り牡蠣食べ放題ツアー」に参加してきました。

新潟港9時20分発、両津港11時50分着のカーフェリーに乗船。そう、到着はちょうどお昼どき! お腹がちょうど空いてくる頃ですね。両津港に到着するとドライバーさんがお出迎えしてくださり、早速ツアーの目玉、牡蠣食べ放題に向かいます! 両津港から車で向かうこと10分で牡蠣小屋の「あきつ丸」に到着!

あきつ丸外観

あきつ丸外観

加茂湖のほとりにある小さな牡蠣小屋です。中は座敷になっていてアットホームな雰囲気。

席について、早速スタートです。まず出てきたのがこちら。

カキフライと牡蠣の佃煮

カキフライと牡蠣の佃煮

カキフライは、牡蠣の旨味が凝縮されていて、とてもジューシーでおいしい!

カキフライはオプション(1皿牡蠣の大きさにより5~10個で800円)ですが、今回のツアーには特別に一人2個ついてきます。これで「蒸し牡蠣食べ放題で十分そうだけど、カキフライも少しだけ食べてみたいしどうしよう…」という悩みがなくなりますね♪ もちろん、もっとカキフライを食べたい方は追加注文も可能です。

牡蠣の佃煮

牡蠣の佃煮

牡蠣の佃煮は濃厚な味わいで、ご飯やお酒にぴったり。

ちなみに私は今回、気になったこちらのお酒をいただきました。

日本酒「牡蠣」(一合700円)

日本酒「牡蠣」(一合700円)

加茂湖牡蠣漁師推薦酒、その名も「牡蠣」です。佐渡の牡蠣漁師さんと佐渡の天領盃酒蔵さんが共同開発した「牡蠣料理のために作られたお酒」で、名前の通り牡蠣によく合う美味しいお酒でした。

お酒以外にソフトドリンクもあります。(ウーロン茶、カルピス、コーラ 各250円)

続いて、お待ちかねの蒸し牡蠣です!

蒸し牡蠣

蒸し牡蠣

どーん!!!!!

トレイに山盛りで出てきました。この蒸し牡蠣が食べ放題です!

蒸し牡蠣

蒸し牡蠣

まずはこのまま何もつけずに食べてみます!

ほどよい塩味で、プリっプリでとってもおいしいです!!これが食べ放題なんて夢のよう(*’▽’)

ポン酢をたらすとさらにおいしかったです!

この日はまだ1月の上旬ということで、小ぶりなものが多かったようです。

漁師さんによると、寒くなってくると身が大きくなってくるとのこと。

小ぶりでもおいしさは変わらず、一口でぱくぱく食べられるのでこれはこれで良いですね!

牡蠣って火を通すとかなり小さくなりますよね~。殻がどんどんたまります。

牡蠣ご飯

牡蠣ご飯

牡蠣ご飯もつきます。牡蠣の旨味たっぷりでとても美味しかったです。

蒸し牡蠣・牡蠣ご飯・牡蠣汁・牡蠣の佃煮・カキフライ(左上の小鉢はこの日のみ)

蒸し牡蠣・牡蠣ご飯・牡蠣汁・牡蠣の佃煮・カキフライ(左上の小鉢はこの日のみ)

食べ放題は1時間ですが、たくさん食べることができ、お腹いっぱいになりました。

牡蠣の殻

牡蠣の殻

蒸し牡蠣の殻が山盛りになりました。数えていませんが30個以上は食べたと思います!

どれもおいしい牡蠣づくしの料理をいただけて本当に満足しました!

牡蠣を堪能した後は、次の目的地「トキの森公園」へ。

大型ケージ内のトキを観察できます。今回は近くに寄ってきませんでしたが、運が良ければトキまで2センチの距離でトキを見ることができますよ。

トキふれあいプラザのトキ

トキふれあいプラザのトキ

トキを見学した後は、最後の目的地「ホテルニュー桂」へ。

ホテルニュー桂 外観

ホテルニュー桂 外観

こちらの椎崎温泉は傷ついたトキが湯浴みにやってきたという伝説があるそうです。

ホテルニュー桂 露天風呂

ホテルニュー桂 露天風呂

日により、男性か女性の多いほうがこちらの露天風呂付の浴場になります!今回は女性がこちらで、男性は内湯のみの浴場でした。お湯は、ナトリウム塩化物泉。とろみがありお肌すべすべになりました。

温泉で温まったあとは、両津港16:05発のカーフェリーに乗船し、新潟港には18:35に到着しました。

牡蠣を堪能して、トキにも会えて、温泉にも入れる「佐渡日帰り牡蠣食べ放題ツアー」。

“佐渡の冬”を楽しむのにぴったりな上に、往復カーフェリー2等乗船代、牡蠣食べ放題、トキの森公園入園料、さらに温泉入浴がセットになってとってもお得で、大満足でした!

是非、皆様も参加してみてはいかがでしょうか?詳しい内容は下記のリンク先をご確認ください。