佐渡の食材をお蕎麦でツルっと!「蕎麦 茂左衛門(モゼム)」で堪能しよう!

あぶりきつねそば

あぶりきつねそば

みなさんこんにちは!佐渡汽船の老松です。

やっと梅雨の時期も終わり、待ちに待った夏がやってきましたね!


夏は良いけど夏バテで食欲下がり気味…

でもせっかく佐渡に来たなら佐渡の食材を堪能したい!という方におすすめなお店をご紹介します。

蕎麦「茂左衛門」

こちらは十割蕎麦のお店で、 佐渡産の食材と旬の食材を使ったお料理を提供しています。

行った時はまだ紫陽花が咲いていました

行った時はまだ紫陽花が咲いていました

一軒家のような外観になっているので見逃さないように注意してくださいね。

目印は「そば」と書いてあるのれん。

茂左衛門入り口

茂左衛門入り口

こののれんを見つけたら茂左衛門到着!

元々古民家だったおうちを活かしているお店のため店内はおちつきのあるお洒落な和空間。お蕎麦にピッタリです。

こちらは入ってすぐ左手にある、テーブル席のお部屋。

4人席×2、2人席×1

4人席×2、2人席×1

奥にある座敷のお部屋は、最大8人座れる広々としたお部屋なので大人数の方でも、子連れの方でも安心です。お子様用にマットもあるそうです。

テーブル席とお部屋が分かれています。

テーブル席とお部屋が分かれています。

今回はこちらの座敷のお部屋で2200円のランチコースをいただきます。

お料理を待つ間、店員さんがおすすめしてくれた「MOZEMオリジナルジュース」を頼むことにしました。

「MOZEMオリジナルジュース」

「MOZEMオリジナルジュース」

どれも美味しそうですが、ガマズミ?ハマナス?聞いたことないのでとても気になります!

(時期によってドリンクの種類が変わることがあります)

MOZEMオリジナルジュース(左から ガマズミ・ハマナス・梅)

MOZEMオリジナルジュース(左から ガマズミ・ハマナス・梅)

運ばれてきた瞬間、ガマズミとハマナスの色にびっくり!

この2つは摘みに行くところから作るところまでお店の方が行っているそう。

私はガマズミを頼んだのですが、甘酸っぱい味でとても美味しかったです!

3人で飲み比べしている間にお料理が運ばれてきました!


まず1品目がこちら。

アジと新生姜の和え物

アジと新生姜の和え物

こちらはアジ・ショウガ・水菜を佐渡で獲れたアケビでつくられたあけび酢のドレッシングで和えた料理なのですが、あけび酢の酸味が食欲をさらに上げてくれます。さっぱりしていて美味しかった~。

続いて運ばれてきたのは、

あご出汁巻き卵

あご出汁巻き卵

あご出汁のそばつゆで作られた優しい味の出汁巻き卵。

卵焼きは個人的に好きな食べ物ベスト5に入るくらい好きなのであと2回くらいおかわりしたかったです(笑)。

お次はこちら。

左からアスパラ、ズッキーニ、モロッコいんげん、しいたけの天ぷら

左からアスパラ、ズッキーニ、モロッコいんげん、しいたけの天ぷら

やっぱりお蕎麦に天ぷらは外せないですよね~! 揚げたてサクサクで美味しかった~。

佐渡で作られている藻塩(もじお)をつけていただきます。

藻塩(もじお)

藻塩(もじお)

ちなみ藻塩はこんな感じ。

白いお塩が一般的な中、このお塩は色が茶色です。

お次はお蕎麦。

お蕎麦は4種類から選べます。

鬼くるみそば・あぶりきつねそばは+250円で注文できます。

(鬼くるみそば、あぶりきつねそばはコース料金+250円で頼めます。)

(鬼くるみそば、あぶりきつねそばはコース料金+250円で頼めます。)

蕎麦つゆは鰹出汁かあご出汁の2種類から選べるのですが、

佐渡は出汁の文化が発達していて、出汁を作るにあたり魚や使用する部位の場所が地域によって作り方が全然違うそうです。

茂左衛門さんは小木から仕入れた魚を頭・背骨・内臓を取り、青臭さをなくすため2年以上熟成させているというこだわり。

お店の方から「佐渡の食文化を味わうならあご出汁がおすすめです。」とお聞きしたのであご出汁のつゆでお願いしました。


こちらがあごだしぶっかけそば。

あごだしぶっかけそば

あごだしぶっかけそば

こだわりのあご出汁つゆとだけあって、魚の臭みや雑味が全くなく美味しい!

トッピングのないシンプルなお蕎麦だからこそお蕎麦とつゆの本来の味を味わえます。


そしてこちらのあぶりきつねそばはベースはぶっかけそばと同じですが、そこに油揚げや海苔などのトッピングがついたもの。+250円で頼むことができます。

あぶりきつねそば

あぶりきつねそば

上にある油揚げは炙っていることで香ばしくなっていてお蕎麦とめちゃくちゃ合います。

そして茂左衛門さんならではのこだわりで、お蕎麦とつゆに一体感が出るようあえてつゆの量を少なく、濃いめの味付けにしているそうです。

こちらは佐渡だと茂左衛門さんでしか食べられないというおにくるみそば。

くるみをすり鉢でつぶし、そこにそばつゆをいれていただきます。

鬼くるみそば

鬼くるみそば

一口もらったのですが、くるみの皮の苦さがいいアクセントになっていてとても美味しかったです。

ここまで佐渡の食材や文化にこだわったお料理を提供している理由をお聞きしたところ、

元々佐渡出身だという店主は、ずっと「島おこしをしたい!」という思いがあったそうです。

また「蕎麦の文化を後世に伝えたい」 という思いもあったことからお蕎麦屋で修業をし、盛り付けを学ぶためイタリアンで修業を重ねた経緯があったそうです。

食の方面から島おこしをするって素敵ですよね!佐渡への熱い思いを感じて嬉しく思いました。

そして最後はデザート。

蕎麦がきぜんざい

蕎麦がきぜんざい

無農薬の自家製あんこともちっとしたそばがきがどちらも優しい味で美味しく、最後の最後まで大満足なランチでした。


今回初めてお邪魔させていただきましたが、海鮮以外にもここまで佐渡の食材を味わえるとは思っていませんでした。

皆さんも海鮮だけではなく茂左衛門さんこだわりのお料理から佐渡の食材や文化を堪能してみてはいかがでしょうか。

(※行く際は前日お昼までに予約してからいくことをお勧めします。)


蕎麦 茂左衛門

【 住   所 】 佐渡市新穂田野沢163−1

【 電   話 】 0259-67-7972(前日昼までに要予約)

【営業時間】 昼:11時30分〜13時30分L.O. / 夜:17時〜21時L.O.

【コース内容】※金額は外税です

昼:蕎麦セット 1000円(前菜、蕎麦、デザート)

         Aコース 2,200円(前菜2品、天ぷら、蕎麦、デザート)

         Bコース 3,500円(前菜、魚料理、天ぷら、蕎麦、デザート)

夜:Bコース 3,500円(前菜、魚料理、天ぷら、蕎麦、デザート)

  Cコース 5,000円(前菜、魚料理2種、天ぷら、蕎麦、デザート)

【 定 休 日 】 日曜日(3連休の場合は月曜休み)

【  W E B  】     http://sobamozem.com/

【instagram】https://www.instagram.com/sobamozem/

【facebook】 https://www.facebook.com/soba.mozem