佐渡にもダムがあるんです!3つのダムを巡る「佐渡日帰りダムツアー」

大野川ダム

大野川ダム

近年、橋やダムを巡る「インフラツーリズム」が人気を集めているようですね。

佐渡汽船でも、昨年「佐渡日帰りダムツアー」を初めて企画したので、参加してきました。

このツアーでは佐渡の3つのダム【①大野川(おおのがわ)ダム、②新保川(しんぼがわ)ダム、③久知川(くちがわ)ダム】を巡ります。実は佐渡には他のダムもあるのですが、今回はこの3つです。佐渡にはダムのイメージがなかったのですが、いくつかあるとは驚きました!

ツアー当日は新潟港7:55発のジェットフォイルで両津港へ。

佐渡に到着後、いきなりツアーの目玉「大野川ダム」に向かいます。

ダムツアーではこちらの大野川ダムでのみ、新潟県佐渡地域振興局地域整備部大野分室のご協力により、職員の方の解説付きでダム内部見学ができます。

最初にスクリーンを見ながらダムについて勉強したあと、最初に向かったのは操作室。

操作室内での説明

操作室内での説明

ここで水の流量の調節など、様々な操作を行うとのこと。初めて聞く説明に興味津々です!

その後は、ヘルメットを装着していよいよ大野川ダムへ。

まずはダムの上部(天端)を歩きます。

大野川ダム天端(てんば)

大野川ダム天端(てんば)

大野川ダム天端から上流方向の眺め

大野川ダム天端から上流方向の眺め

こんな場所が佐渡にあったなんて・・・!

佐渡にいることを忘れて本土の山の中にいるような錯覚をしてしまいます。

続いて、ダム内部へ。

大野川ダム内部

大野川ダム内部

急な階段なので、手すりにつかまって慎重に降りていきます。探検気分でわくわく♪

大野川ダム内部

大野川ダム内部

年間を通じて10℃前後となっているそうなので、ひんやりと感じます。

内部は通路になっていましたが部屋のような空間もありました。

ダム内部を抜けて外へ。

大野川ダム

大野川ダム

ダムを見上げると水の音もあってすごい迫力!このアングルでダムを見れる機会はめったにないですよね。

大野川ダム外階段

大野川ダム外階段

外階段を上ってダム天端に戻り、見学を終えました。

続いて向かったのは、佐渡歴史伝説館。

佐渡の歴史と伝説をハイテクロボットが紹介する施設です。佐渡歴史伝説館のブログ記事はこちら

ここで佐渡の歴史について学んだあと、お腹も減ってきたところでランチタイム♪

海鮮丼

海鮮丼

メニューは海鮮丼。10種類の具材がたっぷりでボリューム満点です。美味しくいただきました。

午後は、残り2つのダムを巡ります。

新保川ダム天端

新保川ダム天端

まずは、新保川ダムへ。

ここは残念ながらダム上部には立ち入りできません。

新保川ダム

新保川ダム

周辺を歩いて木々の間から少し見ることができました。

そしてツアー最後の目的地、久知川ダムへ向かいます。

久知川ダム天端

久知川ダム天端

久知川ダムに到着。久知川ダムの上部は自由に立ち入りできます。

久知川ダムから下を見下ろす

久知川ダムから下を見下ろす

久知川ダム天端からの眺め

久知川ダム天端からの眺め

とても静かで落ち着きます。

湖面には、手前に水質自動観測装置、奥に水質浄化装置が浮かんでいます。

久知川ダムは水道用水の供給も行っており、ダム湖内の水質を改善するため、県営のダムとしては珍しくこのような設備が設置されているそうです。

近くの公園から撮影

近くの公園から撮影

これにて佐渡日帰りダムツアーの行程は全て終了。復路は両津発16:05のカーフェリーに乗船し、新潟港18:35到着です。

そして!これを目的に参加された方も多いのではないでしょうか?

ダムカード

ダムカード

国土交通省及び独立行政法人水資源機構・都道府県等が管理するダムなどで配布されている「ダムカード」。

今回巡った3つのダムカードが貰えます。

今まであまりダムに興味はなかったのですが、今回初めてダムの内部に入ったり、下から見上げたり、ダムの説明を聞いたりと、貴重な体験を楽しむことができました。

このツアーは、ダムカードコレクターやダムマニアの方にはもちろんのこと、私のように今まであまりダムに興味がなかった初心者の方にもおススメのツアーです。

2019年の「佐渡日帰りダムツアー」は、10/6(日)、10/19(土)、11/3(日)に開催。

往復乗船代、島内バス代、昼食代等がついて大人12,000円です。是非参加してみてください♪